node-red-contrib-simple-chatgpt 1.2.0

Node-REDでChatGPTができます。

npm install node-red-contrib-simple-chatgpt

概要

payloadの文字列からChatGPTに問い合わせを行います。

インストール

npm i node-red-contrib-simple-chatgpt

or

AdminタブからInstall

使い方

入力項目

項目 説明
Token OpenAPIのAPIキーを設定します。
Model 使用するモデル名を指定します。デフォルトはgpt-3.5-turboです。
SystemSetting AIアシスタントの設定などを記述します。例えば、語尾に必ず「テヘペロ」とつけて等を指定することができます。
pastMessages 会話の履歴を渡します。会話を継続する際に必要です。
functions gpt-3.5-turbo-0613以降から使えます。指定サンプルは別途。
function_call functionsで指定した関数名を強制実行できます。autoとすると自動的に判別して関数が呼ばれます。noneだと呼ばれません。{name: 関数名}を指定すると強制的に対象関数を実行します。

出力項目

項目 説明
payload ChatGPTの返答が返ってきます。Function実行された場合はnullが返ります。
pastMessages 会話の履歴配列を返します。
payloadFunction FunctionCallingで実行され場合、実行した関数名とJSONパース済みのargumentsが返ります。

Functions指定方法

Functionsのサンプルは下記の通りです。配列形式で関数名や関数の詳細、パラメータを指定します。

項目 説明
name 関数の名前。好きな名前を決めることができます。
description 関数の詳細説明。ある程度詳細に書くほうが望ましいです。
parameters.properties パラメータの詳細。設定してほしいプロパティ名と型、説明文を記載します。
parameters.required プロパティで返してほしい必須のプロパティ名を指定します。
[
    {
        "name": "get_weather",
        "description": "指定された場所と日付の天気を取得する",
        "parameters": {
            "type": "object",
            "properties": {
                "location": {
                    "type": "string",
                    "description": "都道府県や市、町の名前, e.g. 東京都文京区"
                },
                "date": {
                    "type": "string",
                    "description": "Date formatted in YYYY/MM/DD, e.g. 2023/06/13"
                }
            },
            "required": [
                "location",
                "date"
            ]
        }
    },
    {
        "name": "recommend_book",
        "description": "おすすめの本を1冊紹介する",
        "parameters": {
            "type": "object",
            "properties": {
                "title": {
                    "type": "string",
                    "description": "本のタイトル"
                },
                "description": {
                    "type": "string",
                    "description": "本の内容"
                }
            },
            "required": [
                "title",
                "description"
            ]
        }
    },
    {
        "name": "hashtag_text",
        "description": "ユーザから与えられたテキストからハッシュタグを出力してください。",
        "parameters": {
            "type": "object",
            "properties": {
                "tag": {
                    "type": "string",
                    "description": "ハッシュタグを最低でも3つ以上出力してください。"
                }
            },
            "required": [
                "tag"
            ]
        }
    }
]

指定方法の詳細はこちらをご確認ください。

function_call指定方法

文字列でautononeの他に、Jsonオブジェクトで強制的に実行する関数名を指定します。 上記Functionsを与えた場合の例です。hashtag_textが強制的に行われるようになります。

{
    "name": "hashtag_text"
}

設定例

s100

release

  • 2023/06/23: Function Calling対応(v1.2.0)
  • 2023/03/02: ChatGPT API(gpt-3.5-turbo)対応(v1.1.0)
  • 2022/12/05: 初回リリース(v1.0.0)

Node Info

Version: 1.2.0
Updated 1 year ago
License: MIT
Rating: 3.0 2

Actions

Rate:

Downloads

26 in the last week

Nodes

  • simple-chatgpt

Keywords

  • chatgpt
  • node-red

Maintainers