node-red-contrib-motionboard 1.0.1

A node-red node for calling MotionBoard Realtime WebAPI

npm install node-red-contrib-motionboard

Node-RED上からMotionBoardのリアルタイムAPIを呼び出すノードです。
指定したデータをMotionBoardで定義したデータソースに格納することができます。

インストール

Node-REDのUIメニューから「パレットの管理」を開き、「node-red-contrib-motionboard」で検索してノードを追加してください。

または、次のコマンドでインストールすることも可能です。

$ npm install -g node-red-contrib-motionboard

利用方法

ノードのプロパティで接続に必要な情報を設定し、 入力側のmsg.payloadにデータを入れてフローを実行すると、 MotionBoardのデータソース上にデータが格納されます。

プロパティ

名前
ノードの表示名
WebAPIのベースURL
利用するMotionBoardのWebAPIのベースURL
テナント名
利用するMotionBoardのテナント名
テンプレート名
リアルタイム連携の設定画面で指定したテンプレート名
認証キー
リアルタイム連携の設定画面で指定した認証キー

入力

msg.payload
データを表すオブジェクトを代入しておきます。
あらかじめ定義したテンプレートのステータスに対応する値を指定してください。
また、データの発信元を区別するID(msg.payload.id)が必要です。 javascript //例:ステータスc1(真偽値),c2(数値),c3(文字列)に値を格納 msg.payload = { c1:true, c2:123, c3:'abc', id:'dummyId' } ユーザーが定義したステータスとは別に、位置情報を格納できます。
msg.payload.latmsg.payload.lonmsg.payload.accuracyがそれぞれ緯度、経度、許容誤差(メートル)と認識されます。
※それらは予約語のため、ステータス名に利用することができません
javascript msg.payload = { lat:35.659304, lon:139.700467, accuracy:50, id:'dummyId' } ステータス値、位置情報は同時に指定することが可能です。
また、ステータス、位置情報共通のオプションとして、データ生成日時のミリ秒(msg.payload.time)が指定可能です。 javascript msg.payload = { c1:true, c2:123, c3:'abc', lat:35.659304, lon:139.700467, accuracy:50, id:'dummyId', time:1510544096123 }

Node Info

Version: 1.0.1
Updated 3 weeks, 4 days ago
License: MIT

Downloads

0 in the last day
13 in the last week
330 in the last month

Nodes

  • realtime api

Keywords

  • node-red
  • realtime
  • IoT
  • MotionBoard

Maintainers

  • wingarc1st